Embedded iA ソリューション

コンポーネントレベルからシステムレベルまでをトータルサポート

1.Windows Embedded 8.1 Industry導入手順

開発奮闘記
Windows Embedded 8.1 Industry 導入手順

 

手順目次

 

必要なもの

  •  ・Windows Embedded 8.1 Industry Pro OPK マスタDVDイメージ(x86もしくはx64)
  •   (オーダー番号 X19-09658)
  •  ・Windows Embedded 8.1 Industry Pro プロダクトキー(e-mailベースにて申請)

 

開発用Windows 8.1マシン(x32がインストールされていることが望ましい)

: We recommend that you use the 32-bit version of Windows on the technician computer because the 32-bit version supports both 32-bit and 64-bit deployments.)

 

USB メモリ 8GB以上 x2 もしくはそれ以上

(ターゲットマシンに uEFI でインストールを行う場合には、二本必要とします)

 

  •  ・uEFI 起動用に FAT32 でフォーマットした USB メモリ
  •   PC を uEFI で起動するには、PC側で uEFI に対応していること、USB メモリが FAT32 で
  •   フォーマットされている必要があります
  •  

  •  ・OS イメージ保存用に NTFS でフォーマットした USB メモリ
  •   FAT32 でフォーマットした場合、ファイルの最大サイズが 4GB に制限されます
  •   Windows 8.1 Industry をバックアップする場合 4GB を超えるため、NTFS でフォーマットした
  •   USB メモリをへバックアップします

 

マスタ用マシン(USBポート:ここからBoot可能なこと必須)

インストールするべきドライバ類(In-Box-Driverで対応不可の場合)

ターゲット用マシン(マスタ用マシンと同一構成)

 

 

関連コンテンツ

  • Intel Security
  • Hagiwara RecoveryUSBメモリ
  • システム貸出評価プログラム
  • OEMCLA
  • 開発奮闘記
  • メールマガジンのお申し込み
  • 展示会・セミナー・キャンペーン情報
  • OECコンセプトモデルのご紹介
  • OECの組込みソリューション