Microsoft Embedded

ライセンス購入までの流れ

Winodws Enbedded/IoT製品を採用する上での流れを記載しております。

ライセンス購入までの流れと必要事項

OEMCLA契約締結
Windows Embedded/IoT製品を購入頂くには、Microsoft社との基本契約締結(OEMCLA)が必要となります。
契約書にはWindows Embedded/IoT製品を採用するにあたり、OEMとして遵守しなければならない条項が記載されています。

※OEMCLA:OEM Customer License Agreement
OPK/開発ツールキットでOS開発
インストールメディア(OPK)や開発ツールキットでOS開発をします。

※OPK:OEM Preinstall Kit
Product Key取得
該当OSについては、Product Keyの取得が必要です。
取得したProduct Keyを開発ツールキットやADKに入力し
マスターOSを作成ください。

※ADK:アセスメント&デプロイメント キット
ライセンス購入
必要なライセンス数を代理店へ発注ください。
納品物:COAラベル

※COA:Certificate Of Authenticity
出荷製品の準備
・Sysprep(必須)
・マスターOSイメージ作成
・リカバリーOSイメージ作成(任意)
・マスターOSイメージ展開、複製

Microsoftサポートサイトへの登録、EULAダウンロード
・エンベデットシステムへEULA添付
※EULA:End User License Agreement

・エンベデットシステムへCOAラベル添付
エンベデットシステムの出荷

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。