CabinSensing – 岡谷エレクトロニクス|OEC 

Cabin Sensing

EuroNCAP等でレーティングされるドライバーの居眠り・わき見・漫然運転を起因とした事故の未然防止やキャビン内での安全性、快適性を向上させるアプリケーションの実装が始まっています。
当社では、キャビン内に設置したカメラやセンサから取得したデータと、AIによる解析アルゴリズムを組み合わせ、ドライバーや同乗者に関する属性、行動をリアルタイムに認知するシステムソリューションを提供いたします。

DMS/OMS

■DMS (Driver Monitoring System)とは?

ドライバーの状態をカメラやバイタルセンサを使ってリアルタイムにモニタリングし、人為的な事故を未然に防ぐための制御を行うシステムです。

■OMS (Occupancy Monitoring System)とは?

キャビン内の状態をイメージセンサやデプスセンサを使ってモニタリングし、安全性向上やおもてなしの機能を実現するシステムです。

■当社のソリューション

カメラによる乗員の状態認識、及びRF波長帯レーダー技術を使った非接触バイタルセンシングを実現するソリューションを提供します。

OECが提供するソリューションベンダ

Eyesight Technologies社

Eyesightは、ドライバーセンス(ドライバーの監視と識別)とキャビンセンス(乗員の監視)を実現するソリューションを提供します。

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。