MultiGIgabitIVN – 岡谷エレクトロニクス|OEC 

Multi-Gigabit IVN

自動運転や先進運転支援技術の更なる高度化に向け、車載ネットワークはマルチギガビット帯域で安定した通信品質を実現すると同時に、増加するハーネスの軽量化と低コスト化の実現が求められています。
当社では、業界スタンダード化が進みつつあるHDBaseT Automotive、Multi Gigabit Ethernetに準拠したデバイスを提供いたします。

HDbase-T Automotive

HDBaseTアライアンスは米国オレゴン州に本拠を置き、通信規格の普及や向上を推進する標準化組織です。同アライアンスには現在、家電や自動車など200社を超える企業が参加しており、業務用AV機器業界や自動車業界向け有線接続の標準技術であるHDBaseT規格を向上させながら、その普及を推進しています。
HDBaseT Automotiveは、映像・音声・各種制御信号・データ・USB・電源を同時に、マルチギガ帯域伝送を非シールド型ツイストペア線で高速通信可能にする技術の確立を実現します。

車載Multi Gigabit Ethernet

現在、車載システムのECU間の通信ネットワークには、CANやLINなどの規格が用いられていますが、 その中でも近年注目されているADAS(先進運転支援システム)などの実現には、 100Mbpsや1Gbps以上の高速通信規格である車載Ethernetが有望視されています。クルマが外部と5Gなどで常時接続することで、自動運転における安全性が高まるのはもちろん、車内では大容量コンテンツや新サービスを自然に楽しめるようになります。こうした「コネクテッドカー」を実現する上でも、マルチギガビット帯域を有する車載Ethernetの導入に向けた検討が進み始めています。

OECが提供するソリューションベンダ

Valens社

HDbaseT規格に基づき、一本のLANケーブルで、非圧縮映像/音声/Ethernet Data/制御信号/電力を100mまで送る伝送技術HDbaseT for Automotiveとしても非シールドのツイストペアケーブルで車内を15mまで伝送できます。

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。