位置測位ソリューション

人や荷物などにタグを持たせることで、その位置がリアルタイムで特定させる位置測位ソリューション。
位置測位には、カメラを用いたり、BluetoothLowEnergy(BLE)ビーコンを用いる方法、UWBを用いるなど様々な方法があります。

位置測位ソリューション

【位置測位(動線管理)のソリューション比較】

Wi-Fi BLE RFID UWB カメラ
測定方式 各アクセスポイントの 信号電波強度の 差分から演算 クライアントとの 信号強度判別を 元に推定 ICタグ、ICタグリーダ と接続されているかで 位置情報を測定 3つ以上の固定器と UWBとの距離を信号 到達時間により測定 カメラが認識する範囲を人物判定 させながら測定
測位時の誤差 数m~10m 数m~10m 数10cm程度 数10cm程度 1m前後(カメラ性能や設定に依存)
無線の認識距離 10m~20m程度 10m~20m程度 数10cm~数m 30m程度 30m程度(カメラ性能や設定に依存)
メリット 安価なソリューション 安価なソリューション 設置コストが安い 将来的に安価な ソリューション 精度が高い 動線とあわせて人物データも 収集できる、また作業者がタグ などを持たなくて良い
デメリット 測位誤差大きく、 ノイズや電波干渉など の影響を受けやすい 測位精度をあげるなど 工夫が必要 認識距離が短く 大量のタグが必要 設置のコストが高い 主に人物の動線管理が目的で 資材管理などには不適 カメラで見える範囲(人物)に 限られる

弊社では、カメラを用いたソリューションとして、PUX社のSoftsensor-Analytics-Edgeをご紹介しております。

PUX社のSoftsensor Analytics Edge は、カメラを利用した動線管理&位置測位ソリューションです。カメラから入力されるデータ(mjpeg) から人物の判定を行い、それを元に動線データを生成します。 事前に障害物や、該当外の認識エリアを設定したり、人物辞書の学習(アノテーション)も可能です。


UWBを用いたソリューションもご紹介できる予定です。
UWB特徴
・測定の誤差数cm
・低消費電力。毎分ごとに通信しても1か月間バッテリーが持続
・高周波数帯なので他の無線機器との混線がなく、障害物にも強い
・480Mbps以上のスループット※理論値

位置測位を活用できる 様々な利用シーン

■ソリューション一例

テーマパーク・イベント会場

テーマパーク・イベント会場
来場者にタグを持たせることで、人の集まる場所、時間などのトラッキング
従業員にタグを持たせることにより迅速なトラブル対応や、人員配置等を実現

工場管理・AGV

工場管理・AGV
作業員や製品のトラッキング、管理
AGV(無人搬送車)の位置測位ににより、ガイド用ラインの貼り付けや、
障害物によるAGVの混雑等のトラブルを回避

スポーツトレーニング

スポーツトレーニング
選手が無駄な動きをしていないか、戦略的に動けているかなど位置推移から確認

店舗

店舗
ショッピングカートに取付け、顧客の動線情報の取得や不審な動きの監視
ナビゲーションシステム搭載よる商品までの案内、視覚障がい者の援助

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。