OEC OpenVINO™スターターキット

AI/ディープラーニングの適用範囲として注目が高い画像認識領域は、自動運転やリテール・産業分野・セキュリティと
様々な分野で取り組みが進んでいます。また、通信帯域やコスト、ネットワーク障害、応答性、データセキュリティー
の観点でエッジコンピューティングの重要性が高まっています。

OpenVINO™ とは

ディープラーニング推論処理をハードウェアに最適化

Intel社が提供しているOpenVINO™ Toolkitを活用することでディープラーニング推論処理をハードウェアに最適化
する事ができます。また、アプリケーションに必要な性能からハードウェアを柔軟に選択する事が可能となります。

これにより性能、消費電力、価格の目標に応じた柔軟なエッジコンピューティングのシステム構築が可能となります。

OpenVINO™の詳しい情報に関してはこちらをご参照下さい。
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/internet-of-things/solution-briefs/openvino-toolkit-product-brief.html
https://software.intel.com/en-us/openvino-toolkit

OEC OpenVINO™スターターキットのメリット

OpenVINO™を使ったアプリケーション開発に最適

岡谷エレクトロニクスでは、ディープラーニング推論を活用したアプリケーション開発や、OpenVINO™を活用した
ディープラーニング推論処理の最適化のために、OpenVINO™スターターキットを用意致しました。
ディープラーニング推論を活用したアプリケーション開発に是非ご活用下さい。

・PC、カメラがセットになっており、OpenVINO™を使った様々なアプリケーション開発を始めるのに最適です。

・付属カメラは測距可能な深度センサー付きカメラなので、通常のカメラよりもアプリケーションの幅が広がります。

・Ubuntu、OpenVINO™ Toolkit、RealSenseTM SDKをプリインストール済みなので、
 電源ONですぐにDeep Learning推論が始められます。

・OpenVINO™内の推論モデルを使えば学習プロセスをスキップし、すぐに使えるセンシングデバイスとして活用できるので、
 開発期間の短縮が可能です。

キット構成

パフォーマンスに合わせた構成をご用意

様々な分野のアプリ開発にOpenVINO™スターターキットを是非ご活用下さい。

お問い合わせの際は、お問い合わせフォームで、お問合せ製品群にて”IoTソリューション”を選択しリクエスト下さい。

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。