スマートファクトリー ソリューション

工場の環境・課題に合わせて、作業効率、歩留まりの最適化を実現するソリューションを提案します。

効率化したいテーマを選択してください

作業手順の記録・無駄の排除(BroadLeaf社 OTRS10)

映像による動作分析、時間分析などの機能により、生産・製造現場の作業時間短縮、省力化、コスト低減ができるソフトウェア OTRS10 (Operation Time Research Software) 実際の作業映像を分析することでムリ・ムダ・ムラをなくし、作業の標準化を図ることができ、作業の改善によるコストダウンや 品質の均一化が実現できます。
またOTRSは作業手順書や動画マニュアルの作成ができ、教育訓練や技術・技能伝承のツールとしても活用できます。

構成イメージ1
推奨ハードウェアスペック
CPU Intel Core i5シリーズ以上
メモリ 4GB以上
OS Windows 10 IoT等
ディスプレイ 1024×768(XGA)以上

ハードウェアに関する情報は OEC取り扱い製品

分析フロー
BroadLeafのロゴ

ソフトウェアの詳細はBroadLeaf社のWebサイトよりご確認ください。
https://www.broadleaf.co.jp/products/otrs/

作業者の動線を管理(PUX社 Softsensor Analytics Edge)

AI学習型人物動線計測ソフトウェア 「Softsensor Analytics Edge」により、カメラで作業者を検知し作業動線を監視。動線軌跡を平面図に落とし込み、動きに無駄がなかったかなど、感覚的に確認や分析の手助けができるソフトウェア。作業者(動線対象)と、それ以外の機器装置などを画像学習させること(アノテーション作業)により、検知精度が向上するAI学習型です。

  構成イメージ2
画面イメージ
推奨ハードウェアスペック
CPU Intel CORE i5 1.6GHz (2Core)以上
高性能CPU利用を推奨します
メモリ 8GB
OS Windows 7/10またはUbuntu

ハードウェアに関する情報は OEC取り扱い製品

PUXのロゴ

ソフトウェアの詳細はPUX社のWebサイトよりご確認ください。
https://www.pux.co.jp/softsensoranalytics/

故障検知/機器動作を改善(Bsquare社 DataV)

工作機器の様々なデータを解析することで、故障や歩留まりの傾向性を分析、効率化するBsquare社のDataV。分析ソフトの中でも、フレキシビリティ(柔軟な対応)の優れたソリューションとなります。

■手間がかからない4つの理由

1.多要素データ解析、傾向性分析などをDataVにお任せ
大量のデータをお客様が確認、傾向性を見るのではなく、リアルタイムでデータ処理と、
イベント検出を自動で実行。ルールを作成すれば、自律的に運用、学習させることが可能。

2.メーカーのエンジニアが直接プログラミングの対応します
学習エンジンや見える化ソフト、クラウド上で蓄積したビッグデータの分析までトータルで提案可能です。
PoC検証で新しい気づきが見つからず、お悩みのお客様はお声がけください。

3.現状の環境をそのまま流用可能
DataVはカスタマイズ性の高いソフトウェアであり、お使いのサーバ環境、クラウド環境、共に実行可能です。

4.料金体系もお客様のご指定の方法で対応
アプリケーションの利用料金は年間契約、データ量契約、買い切りなど柔軟に対応します。
お客様の使い方に合わせて、ベストな解決方法をご提案します。

構成イメージ3 分析画面例
BSOUAREのロゴ

事例等、詳細情報はBsquare社のWebサイト(主に英文)よりご確認ください。
https://www.bsquare.com/industries/?lang=ja

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。