エッジ領域でAI処理を実行可能なコンピューター

AE 2100 Series
OKI
AE 2100 Series

AE 2100 Series 特徴

Smart Hop
対応

920MHz帯無線に対応した高信頼のセンサーネットワーク

OpenVINO
ツールキット対応

AI推論処理の高速化ツール

Microsoft Azure
対応

データ取集、可視化、解析対応クラウド

屋内外対応

-20~60℃の広い温度範囲に対応

各種物理インターフェース
対応

Ethernet、USB、RS232C/485、SmartHopなど対応

■ OKIのAIエッジコンピューター

AIエッジコンピューター「AE2100」シリーズは、エッジ領域で汎用的にAI処理を実行することができ、お客様の多種多様なユースケースに最適な「リアルタイム・インテリジェンス」を実現します。 お客様の課題解決とデジタル変革のニーズに応えるべく、さまざまな分野のパートナー様と共にAIエッジ領域の市場拡大を図り、AIエッジコンピューターを活用したさまざまなソリューション創出を推進します。

OKIのSmart Hopは、920MHz帯無線に対応し、
高信頼のセンサーネットワークを実現可能。さまざまな
分野で実績のある各社製品に採用され、マルチベンダー
で相互接続可能なSmart Hop搭載製品は、お客様
のIoTソリューションの活用分野をおおきく広げます。

構成

システム構成 LAN版 LTE版 無線LAN版
CPU Intel Atom® x7-E3950プロセッサー(4コア/1.6GHz)
メモリー DDR3L 4GB
ストレージ 32GB(eMMC)/SDXC(UHS-I)×1
有線ネットワーク 1000BASE-T×2(通信用×1、保守用×1)
LTE LTE対応(※1)
無線LAN IEEE802.11b/a/g/n/ac 2×2対応
920MHz帯無線 SmartHop内蔵(MHシリーズまたはSRシリーズ)(※2)(※3)
USB USB2.0×2
シリアル RS-232C(D-sub 9pin)×1/RS-485×1
接点 入力×1、出力×1
AIアクセラレーター インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU(2チップ)(※2)
温湿度動作条件 -20~60℃、10~90%RH(結露なきこと)(※4)
防水/防塵 IP40相当(※5)
セキュリティ TPM2.0搭載(※6)
電源 本体:DC12V/ACアダプター(※2) :AC100V
サイズ W250×D156×H47.5mm(放熱フィン(※2)、アンテナ(※2)、ねじ等突起部含まず)
質量 1.5Kg(放熱フィン(※2)、アンテナ(※2)等含まず)
認定所得 電波法、電気通信事業法
OS Yocto Linux 2.5.1

※1: ソフトバンク(MVNOを含む)のLTE上り通信(900MHz帯: Band8)とSmartHop(920MHz帯)を同時に使用する場合に、使用周波数隣接による
   電波干渉の影響でSmartHopの通信においてデータ欠落が発生する場合があります。なお、LTE側の通信には影響はありません。
※2: 工場出荷オプション。ご注文時にオプションをご指定下さい
※3: 920MHz帯(922.3~928.1MHz) IEEE 802.15.4g準拠 / ARIB SRD-T108準拠
※4: オプション非搭載時。オプションの搭載条件により異なります。
※5: JIS C 0920で規定された防水・防塵についての保護等級
※6: TCG(Trusted Computing Group)で定義されたセキュリティの仕様に準拠したセキュリティチップ(TPM: Trusted Platform Module)

メール・お電話でのお問い合わせ

何かございましたら、下記までお問い合わせ下さい。